Webコンサルタントとは?

まずは、ウエブコンサルタントと言う概念について触れていきたい。 ホームページとは元来、広告であり広く情報を流布する事を目的としている。 それは商品情報であったり、サービス情報、企業情報や求人情報など様々な目的があげられるが、より伝達能力に長けたものが効果を生み出す。
では私達の真の仕事とは何であるか? ホームページを作る事?いやいや、ただホームページを作るだけの仕事ではプロフェッショナルとはいえない。 私達が創り出したいのは「効果」であり、ホームページとは効果を生み出す為のツールに過ぎない。 しかし、多くのホームページ制作業者は顧客の言うがままにページを構成し出来上がったモノに対して報酬を頂くだけの契約となっている。 どれほどの制作業者が顧客へ意見し、説得できるだろうか?顧客の目的が何であり、ホームページの役割がそれを果たすに値するものなのか?いささか疑問が残る。 正しい(目的を果たす)ホームページを創るにはヒアリング能力が不可欠なのだ。要望を聞き的を得ない話にはNOを突き付け、いかに出来上がりを顧客へイメージさせられるか? その誘導もWebコンサルタントの仕事と言える。
ホームページ制作で失敗する最も典型的な例がホームページの役割を見失う事である。 ホームページに役割を与え過ぎると情報が分散して分かりにくい造りとなるケースが多い。たっぷりの予算があればきっちりと仕上げられるが低予算内に情報を詰め込むのはお薦めできない。 レっら、効果が上がらずお金をどぶに捨てることとなる。
私達ウェブコンサルタントはお客様にホームページの役割を決めて頂き優先順位を付けてもらう事から始めます。
ホームページが完成すれば商売がうまくいくなんて考えていてはビジネスは成功しない。
そう思う人とは、高学歴の新人なら翌月からバリバリ売り上げを上げてくれると言う見込みの甘い経営者と言わざるを得ない。
人材とは育ててこそ初めて利益をもたらすものである。通常の経営者なら1年間は利益を見込まない覚悟と余力がなければ雇用など出来る訳もない。 ホームページとは365日24時間休まず働く優秀な営業マンである。この優秀な営業マンを育てる方法を知らない人が実に多い。
これでは雇用された優秀な新人に仕事も教えず飼い殺しにしているのと同じである。そんな新人の成績不振に幻滅して解雇する経営者ではビジネスが成功しようはずもない。
しかしホームページなんかどう育てていいかなどわかるはずもない。

こんな時私達ウエブコンサルタントにご相談ください。

ウエブコンサルタントは月々定額で毎月のアクセス解析レポートや被リンクの更新、解析レポートによる診断、タグの入れ替え、ホームページ運用のアドバイスなど多岐にわたりホームページの活用術を手ほどきいたします。
トップ問い合わせバナー

お問合せバナー
scroll-to-top