ブログ

2019年4月1日|カテゴリー「ブラックブログ
クログロブログ看板

◆◆DJアイルトンの“クログロ”ブログ◆◆SEO圏外

令和って…意味を考えろよな…

ちゃらっちゃ♪ちゃっちゃららちゃちゃっちゃ♪ちゃらら♪ちゃらっちゃ!っちゃちゃちゃっちゃ!っちゃちゃ!ドドンドンドン♪(オールナイトニッポン風味)

負け犬ども?生きながらえてるか?

DJアイルトンは生活保護の申請に失敗して悲しい夏を迎えることになりそうだぜ♪
まあそんなことよりだ…新年号「令和」だってよ(´・Д・`)…
もっとも日本人らしい言葉を見つけてきたものね(笑)
「令」とは相手を敬うという意味があります。
「令兄」「令姉」「令嬢」など…すべて相手に関係ある人を尊敬して言う言葉です。
「和」は皆さんもご存知の通り…「なごむ」とよんで「平和」「調和」「温和」に代表されるように…仲よくすること、互いに相手を大切にし、協力し合う関係にあること。を意味します。

つまり…新年号「令和」とは?
相手を尊敬して仲良くしましょう(/ω\)って意味な訳ね。

まぁ♪ 素敵な意味だ事 (*ノωノ) 日本人たるもの…常に相手を重んじて仲良くしていく…協調性民族である事を誇りに思わないと♪


ばーか(´・Д・`)

そんなこと言ってるから日本はいつまでもアメリカの精神植民地から抜けられないんだよ(´・Д・`)
日本は敗戦国であり未だにアメリカの植民地だってみんな解ってるのか?(´・Д・`)
僅か200年前に奴隷制度を持っていた大国アメリカは…世界が進歩して「武力支配」と言う野蛮な方法を倫理が許さなくなったので、「精神支配」と言う新たな植民地政策に切り替えただけのロートル国家なんだぜ?(´・Д・`)
ネイティブアメリカン(インディアン)はとても正直な民族で平和な人種でした。
イギリス人はこれを武力で制圧し政権をわがものにした挙句、ネイティブを肌の色で差別をして奴隷としたんですね(´・Д・`)

クソガァ ( ゚Д゚)モルァ!!

こいつらが今は「世界の警察」なんて言ってやがる訳ですよ?

そもそもアメリカは近代に至るまで正しい歴史など一度もありません。
世界停戦では日本本土を攻撃…善良な市民を殺し…核まで落とした。
ベトナム戦争では化学兵器「枯葉剤」を散布。三世代にもわたり奇形児が生まれる悲劇を招いています。
イラク戦争に至っては…「大量破壊兵器」の因縁をつけて攻め入るも「大量破壊兵器」の存在は確認されず…この戦争の大義はなんであったかすら疑問視されています。
(ちなみにこの戦争で日本はアメリカへ7100億円を支払っています)

因みに知られていない事実ですが…なぜ日本がパールハーバーを攻撃したのか?
アメリカは戦後マッカーサーがやってきて日本の洗脳教育をしていきました。

そう…アメリカこそが正義であり…アメリカは正しいという教育を。(日韓関係はこれをしなかったのでいまだに日本はかみつかれています)

しかし、日本が「奇襲」を仕掛けて戦争を始めたという歴史は実は誤解です。
日本は…戦争を起こしたのではなく…戦争を起こさせられたのですよ(* -ノω-)コッソリ
開戦をさかのぼる事4年…支那事変が勃発しました。スターリンがヒトラーの東西挟撃戦略を破るために…前年12月の西安事件で捕らえた蒋介石を使って起こした戦争の事です。
日本は早期講和を求めて日露戦争当時のように米国に仲介を要請しましたが、ルーズベルトは仲介を断っただけでなく逆に莫大な援蒋軍事援助を開始し、ソ連と一緒になって日本を攻撃したのです。そもそも日本人は米国に対して一貫して友好であり、米国産業界にとっても日本は世界第三位でした。当然、問題も起こさない上得意の国でだったはずです。
支那事変以降、米アメリカ政府から長期的な圧迫を受けた日本は、追い詰められた挙句、「自尊自衛」の名のもとにパールハーバーへ攻め入ったのです。
アメリカは「待ってました!」とばかりに日本本土を攻撃したんです。

ここで一つ皆様に知って欲しい事があります。
日本はアメリカ本土で誰一人人を殺していません。
唯一一度だけ…追い詰められた日本軍はアメリカ本土への爆弾投下を指示されました。
指示された藤田信雄中尉はオレゴン州のエミリー山脈に爆弾を投下。しかしこれは木を一本燃やすに留まったのです。
藤田信雄中尉はこの大役に対しても罪の意識を抱き、戦後数十年にわたり苦しんだとされています。
それなのに…あの冷酷無比なアメリカは、日本本土を空爆し善良な国民を惨殺した挙句…核を2度にわたって投下してやがりますよ(* -ノω-)コッソリ

50年前に月へ行った国はその形跡を何故残していないのか?

アメリカの歴史が正しくないもう一つの理由を申し上げます(´・Д・`)
世界で初めて月へ到達したアメリカは…ソ連がなしえなかった「バン・アレン帯」の向こう側…そう本物の宇宙へと飛び出した唯一の人類となったのです。
ソ連はこの「バン・アレン帯」を越えようと何度も動物実験を行ったそうですが一度として生き物が生きて地上に戻ったことはありません。
「バン・アレン帯」とは超放射能タイと呼ばれその濃い放射能に10秒と振れれば健康で居られるわけもありません。
しかしアメリカはこの「バン・アレン帯」を突破した事実をこのように説明していました。
宇宙船の分厚い鉄の中に居て完璧な気密性を誇る宇宙服を用いれば「バン・アレン帯」を突破する1時間程度は健康に何の問題もない。…と。しかし現代科学ではそれを覆すことがわかってきています。
「バン・アレン帯」は赤道上空から楕円に広がる放射線帯であり、1時間で突破できるような地球を覆う膜などではない…と。人類が月へ到達するのに要した時間は4日を越えています。アポロ11号はどれほどの放射能を浴びたのでしょうか?そもそもアメリカはこの段階で大きな嘘がばれています。
彼らは「バン・アレン帯」を越える僅か1時間と明言しているのです。

嘘じゃん(´・Д・`)

「バン・アレン帯」論争に嘘が見つかってしまったらもう月へ行ったなどと言える要素は何一つ存在しません。
さらに疑念はもう一つ。月へ行く技術力を持つ国がそこへ到達した証に旗を立ててきましたなどと言う見え透いたパフォーマンスをするわけがありません。
彼らはこの旗が現代の科学望遠鏡で地上から見えない理由をこう説明しています。
彼らはアポロ11号が飛び立つ噴射で吹き飛んでしまったと。
しかし旗の残骸ぐらいは地上からでも確認できるだろう。

いえ(´・Д・`)

それは紫外線で分解されてもう跡形も残っていないとのことです (*ノωノ)

死ねばいいのに…

そもそも吹き飛ばされるような旗を残してきた映像を世界に配信したのも…「月に降り立った形跡」を残してくれば現代科学ではそれを地上から確認できることを予測して「石板」や「鉄版」等を埋め込むのではなく…アポロの噴射で吹き飛ぶような旗を立てるパフォーマンスをしと考えれば合点がいきます。
地上ですら「一番乗り」を果たしたものが…その領土の権利を有しその領有権を武力で奪い合っています。
それなのに月へ初めて到達した痕跡を消えてなくなるようなモノにするわけがありません。
アメリカは世界へ月に到達したことを流布しました。
その映像は今も残っていますがこれも現代科学ではおかしなことが多いようです。
しかしこのことによりソ連とアメリカの宇宙戦争は終結されました。
まあそのあと核開発戦争が勃発するので無意味っちゃア無意味なんですけどね(´・Д・`)

それとも洗脳教育を受けた日本人はこう解釈する方が自然かな♪ あの謙虚なアメリカ人は月へ一番乗りしたとかそういう小さな了見で「みんなのお月さま」を自分のものにしようなんて考えちゃいない♪ 

月はみんなのモノ (*ノωノ) 

どんな資源が眠っていようがね…(ΦωΦ)フフフ…

ヤッパ世界の紳士はすげーな(´・Д・`)
2019年1月31日|カテゴリー「ブラックブログ
クログロブログ看板

◆◆DJアイルトンの“クログロ”ブログ◆◆SEO圏外

ちゃらっちゃ♪ちゃっちゃららちゃちゃっちゃ♪ちゃらら♪ちゃらっちゃ!っちゃちゃちゃっちゃ!っちゃちゃ!ドドンドンドン♪(オールナイトニッポン風味)

ぼんくらども元気してるか?

DJアイルトンは浮世人になっちゃって…真面目なブログが書けなくなっちゃってるぜ!まあそんな訳なんだけど…“
DJアイルトンのクログロ”ブログが今日も黒々はじまるぜ♪

今日のテーマは「売れるサイト作り!」についてだ!
みんなサイト運営を分かっちゃいない(笑)

売れるサイトってどんなサイトなのかって考えたことあります?(* -ノω-)コッソリ

ぶっちゃけ…なんとなく更新してればいいやって思ってません?

アメーンだよオマイラ ( ゚Д゚)モルァ!!

アナリティクスとにらめっこして…SEO対策を必死にしちゃって…

それでも売れない事を時代のせいにしてんじゃねーか??
インターネットはとても秀逸なツールなんだよ!

売れないのはオマイの甘い姿勢が招いた必然なんだ!
回らない頭フル回転させて必死に考えてみやがれ!
ちったぁ無い知恵も絞り出るってもんだ!

そんな訳でまずは市場について考えてみよう!Web市場ってどんな市場なんだろうか?

Web市場と一般の市場の違い

通常の市場商店街

昔の商店街ってこんな感じじゃなかったかな?
いろんなお店が寄り集まって仲良くご近所付き合いなんかしちゃって…

でもさ?Web市場はそんな甘くないんだぜ!?

利用者の「検索意図」でランキングされちゃうんだ!

つまり…

メガネが欲しい奴は…メガネ屋の情報を横並びにしちゃうんだ!
Web市場商店街

こんな状況下で比較されちゃうわけなの(´;ω;`)
オマイんとこの個性のないサイトで誰が買い物する?
どーせ…オマイラはこう言う思考でサイトを作ったんだろ?

閲覧者に不快感を与えない万人受けするサイトを…ってね!

ばーか(´・Д・`)

熱狂的なファンでなければ購買行動になんか移らねーんだよ!

ならば…

99%嫌われるサイトを作らなきゃ1%のファンは獲得できねーってことなんだよ!!
当たり障りのない万人受けサイトを目指すから…「売れないサイト」が出来上がっちゃうんだZE!

個性的なメガネ店
アイルトンならこういうお店を作っちゃう (*ノωノ)
「ボインボインメガネ」って名前にしちゃって♪
ちょっとお下品でお色気たっぷりの (。-_-。)ポッ。。

正直センスねーよな!?
きっとみんなそう思うはずだよ!

まあ女性客は絶対こねーよな!それだけでも半分の顧客が減っちゃうんだよ!更に上品な男性客も来ねーよな?
てか…イラストだから分かりにくいけど…「このメガネ屋嫌い」ってやつぁーたくさんいそーな看板のお店をイメージしてくれ!
差別化商店街

それでもこうやって並べてみるとどうよ?
個性のないお店で購買意欲なんて湧く訳ねーだろ?

勿論、購買意思を持った人間なら別だけど…ネットサーフィンしてる奴のほとんどは「ウインドショッピング」みたいなやつらなんだよ!
よほどの「興味(インタレスト)」を引き付けない限り「購買(アクション)」に至らないって訳だ!

ぼんくらの貴様らでも…アイドマやアイサスの話しくらい知ってんだろ?
それすら知らねー奴はもうこのブログ読む価値すらねーZE!

売れるサイトのコンバージョン率とは?

さて…いよいよ核心に迫るぜ!
オマイら…けつの穴締めて聞きやがれ!


Web市場が通常の市場とは…ちぃとばかり違うってことは理解してもらえたと思う。
だからと言って「色モノ」で個性を出せばいいってもんじゃねーんだよ!
サイト運営するにあたって「成功」と言われる地点はどこよって話なんだな…
「色モノ」だろぉーが「清潔感」だろぉーが結局売れたもん勝ちな訳よ?
どんな美意識で…イカすサイト作ろうが、コンバージョンしてもらえなければ価値は無いってことな訳!

え!?コンバージョンって何って? ( ゚Д゚)ハァ!?

ググれカス!!!

「直帰率」がどうだとか「回遊率」がどうだとか「ページ滞在時間」がどうだの言う前に…
そのサイトがゴールに誘える力があるのかどうかが問題だ。
通常…コンバージョン率が1%あればそのサイトは優秀だと言われる。

もちろんこれは業種や様々な条件で違うわけだが…もし「商品名」などの指名ワードなら10%のコンバージョン率が及第点と言ったところだ!
これがどういう意味か分かるか?

お猿な頭脳のオマイラでも何かに気が付かないか?

最初に言っただろ?1%の熱狂的なファンを作るサイトは成功へのキーワードなんだ!

万人受けを狙うから…当たり障りの無い無個性なサイトが出来上がる。
横並びの情報群でコンバージョンを獲得するには熱狂的なファンを作る以外はあり得ないのだ!
オマイラのサイトはどうせ…無能なWeb業者万人受けする無個性なサイトを提供されて満足してんじゃねーの?
そのサイトでどんなに運営しても結果は知れてんぜ?
もうさ?ウエブサイトを注文した段階で勝負は見えてんだよ(o_ _)ノ彡☆バンバン ギャハハハ
こっちはな?ウエブサイトを通じてビジネスを成功させたい奴を探してんだよ ( ゚Д゚)モルァ!!
WEBサイトなんかでビジネスが成功するんだろうか…?ってWebの力を信用できない奴らとビジネスパートナーになる気はさらさらねーよ!
だってさ?Web市場はもうこの低迷した景気の救世主だってバカでもわかってんのに…そいつと真剣に取り組んでいこうって思えてないんだもん(´・Д・`)

勝ち組になんかなれる訳ねーよ!

ねえねえ?アイルトンがなぜいつになく高圧的なのか分かる?(* -ノω-)コッソリ

そう…これが99%に嫌われ…1%の熱狂的なファンを作る方法論なんです。
ここまでこの辛辣なお話しによく付き合ってくれました。
最終章では…勝ち組になるための回答編をお送りします。

闇雲に個性を出しても熱狂的なファンは出来ない

皆さんはペルソナ設定という言葉をご存知ですか?
簡単に言えば「ターゲットの絞り込み」ですが…ペルソナ設定では、よりターゲットを具体的に絞り込み人物像を作り出す作業を言います。
まずサイトに来てほしい人
像を年齢から決めていきます。性別仕事趣味性格など…あらゆる人像を設定していきます。この作りだされた「ペルソナ」はどんな趣向で…どんな色を好み…どういうサイトに食いつくのか?
具体的に設定された人
像を基にサイトを作り込んでいきます。

こうして作り上げられたサイトは…強い個性を放ち、大多数からは不評であるが…一部の熱狂的なファンを獲得できるサイトとなり得るのです。

情報が横並びになる市場の優位点は「見込み客の多さ」です。
狭い商圏でのビジネスでは集客も少ないですが…Web市場は原則日本全国から集客します。地域絞り込み検索をしたとしても…その集客はリアル店舗に比べれば数百倍はあるでしょう。
真面目なサイト運営をしている企業なら月間1000の新規セッションは稼げるはずです。
1%のコンバージョンでも10人の見込み客が得られるのです。


弊社のサイトを見てあなたはどう思いましたか?
ごちゃごちゃしてて好みじゃない?ブラッキーで清潔感が無い?
それでも弊社のサイトを見て共感してくれるクライアントは多くいるんです。
99人に嫌われるサイトとは…1人の熱狂的ファンを作るための布石です。
万人受けを狙う個性のないサイトで本当にWeb市場で戦えますか?
今一度売れるサイトについて考え直してみてはいかがですか?
2019年1月10日|カテゴリー「ブラックブログ
クログロブログ看板

◆◆DJアイルトンの“クログロ”ブログ◆◆SEO圏外Ⅲ

bubbleの好景気クラブ
ちゃらっちゃ♪ちゃっちゃららちゃちゃっちゃ♪ちゃらら♪ちゃらっちゃ!っちゃちゃちゃっちゃ!っちゃちゃ!ドドンドンドン♪(オールナイトニッポン風味

チ〇カスども元気してたか?

DJアイルトンの“クログロ”ブログが今日も黒々はじまるぜ♪

今日のテーマは「バブル」についてだ!
1980年代の好景気を我々は「バブル」と呼んでいたけど…この時期に良い想いした連中は多かったんじゃないか?

「キャバクラはしごで200m先までタクシー乗車!万札出して釣りはいらねー」
って時代だったもんなー

ああそうさ!?そんな時代でもアイルトンは極貧経営で氷河期を過ごしていたとも!(T_T)

そんなこた―どうでも良いんだけどさ?このバブルって奴で我々は多くを学んだはずなんだよ!

そう…

泡ははじけ飛ぶんだよ ( ゚Д゚)モルァ!!
バブル崩壊
バブル崩壊キタ━( ´∀`)´_ゝ`)`Д´)´Д`) ̄ー ̄)-_-)・∀・)´・ω・)=゚ω゚) ゚Д゚)゚∀゚)━!

って!いきなりやってきちゃったよね?
僕らはあの頃…あの景気が「日本の実力だと思っていました(´;ω;`)

きっと今の中国もそうですよ(* -ノω-)コッソリ

あれは実力なんかじゃありません…「バブル」って奴です…

賢い奴らは…こうなることを予測して…大金握ってトンずらしちゃってます♪

さて…このバブルって現象がなぜ起こるのかを少し考えてみよう…
バブルとは文字通り「泡.。o○」です。
膨らんで…大きく見せているだけの存在…はじけてしまえば実に軽い。

「泡銭(あぶくぜに)」
とはよく言ったモノです。
身にならないお金を信用するのではなく…どんどん回せばよかったのです。
景気に陰りが見えた1980年代終わり…投資家は一斉に日本から手を引き…銀行は資金が尽きて貸し渋り…設備投資で莫大な借金を抱えた企業は、受注の減少と共に首が回らなくなる…。
借金を返せなくなり企業は倒産…銀行はさらに財布のひもが閉まってしまう…。

悪循環じゃねーか ( ゚Д゚)モルァ!!

残党景気もやがて消え去り…景気の冷え込みが末端まで浸透すると零細企業もバッタバタとドミノ倒し…。

これがバブルの正体です。

しかし…このバブルは何時はじけるかなんか誰にも分らなかった…

どこまで膨らむんだろう…と高見の見物をしていた投資家たちは小さな穴を見つけると…一斉に蜘蛛の子を散らすように消えて行った。

それが1991年って訳だ。。。。

もしこのタイミングを知っていれば…新たにビジネスを起こし…先細る経済を大勢で奪い合うことはしなかったでしょう。
もし…この経済が「バブル」だと知っていれば…誰も設備投資をして増産なんかしなかったでしょう…。。


これはたった30年前の出来事なんです…。
低迷した日本経済は浮上なんかしません。
これが日本経済の実力です。
膨らんだ泡は清算されます。
そして…経済に見合った市場を再形成するのに30年の月日を要しました。

そこに来ての「東京オリンピック」です。
東京はプチバブルで少々活気だってきました…
自民党は支持率が欲しくて「景気回復傾向」等と日本経済をあおりだしました。

バカ言ってんじゃないYO!

日本経済は未だに…市場の再形成の真っただ中です!

バブルで傷ついた人たちは未だに幸福になんかなっていません。
大阪の西成に集められた浮浪者たちは…今も厳しい冬と戦っています。
世界は…経済も資源も…政治力も…環境も…平等なんかじゃありません。
それぞれの水準で…幸せのバロメーターが与えられているだけです。
資源を持つ国では「タックスヘブン」と呼ばれ…働かなくても生きていけます。
また…韓国のように資源が乏しく技術力で経済を立てていても…そのほとんどの企業が海外資本の為、実経済が乏しいという国もあります。
世界の大卒の初任給をご存知でしょうか?

アメリカの大卒初任給は…約48万5千円…スイスに至っては…約73万2千円です!!

因みに日本は…約20万6千円です (。-_-。)ポッ。。
この不平等な世界は…資源だけではなく…政治力によっても格差を生み出しています。
トランプ政権は日本の自動車産業をアメリカに誘致…アメリカの雇用を増やせと迫っています。
それなのに…日本人は自分たちが裕福で恵まれていると錯覚させられ…貧窮に苦しんでいます。

もはや…バブルの話しどころじゃないぞ ( ゚Д゚)モルァ!!
世界経済はどうなってんじゃい ( ゚Д゚)モルァ!!

あ…と取り乱しちゃったわね (。-_-。)ポッ。。

ちょっと世界経済の不満は置いておいて…話を本筋に戻しますね♪

1991年のバブル崩壊は意表を突かれたと言っても過言ではありません。
しかし東京オリンピックのプチバブルも…大阪万博のプチバブルも…終わりの日がわかっています。

私達は…僅か30年前に味わったバブルの教訓を踏まえ…今こそ「勝ち組」の準備が必要とされています。
さあ!ようやく今回のテーマの本題です!
大阪万博は…確実に大きな経済が動きます。
その好景気を…「景気回復」だとか「不景気を脱した」等と勘違いしてはいけません。
自民党をはじめとする…国家サイドの人間やマスコミは…ポジティブ戦略を展開するでしょう。
それは…景気回復というイメージ戦略で設備投資などを促進して「日本経済を動かそう」とするからです。

しかし…

日本の大きい歯車は…オリンピックや万博くらいでは加速するほどではありません。
リオオリンピックを思い出して下さい。
オリンピック前は世界の投資家が…FX(外国為替証拠金取引)で経済を潤しました。
しかし現状のブラジルをご存知ですか?

ブラジルに五輪後遺症 リオ、財政難で治安悪化
 と報じた日本経済新聞社の記事をお読みください。
こうなることはもうわかっていました。…投資家たちはリオオリンピックが始まる前の2017年には「レアル(ブラジル通貨)」を売りに転じています。
1レアル36円まで高騰したブラジル通貨は2018年には27円まで下がっています。
日本政府もこうならぬように様々な施策をするべきです。
しかし政府は「景気回復」という起爆剤で日本経済を動かしたい下心から…私たちを…マスコミを通じて煽るはずです。

乗せられた奴はバカを見ますよ ( ゚Д゚)!!

昭和オリンピックから続いた高度経済成長は…今の中国同様に「技術革新」を伴ったモノでした。
2020年の東京オリンピックは…オリンピックという起爆剤だけでその大きな歯車を動かす原動力にはなりません。
ブラジルの二の舞にならぬ様…今こそ賢く立ち回るべき時なのです。

アイルトンがお忍びで何故こんなまともな話をしちゃってるのか??

1.とち狂った
2.神のお告げ
3.宗教に目覚めた
4.クスリをやってる
5.実はコンサルタントでもある


そう!答えは4番♪ マリファナに依存して…今日も頭の中がお花畑なアイルトンは……

実はアイルトンは…Web制作業務から経営コンサルタントまでをこなすスーパープレイヤーなのだ!

そんな訳で私のクライアントやこの記事のファンの皆様には「勝ち組」で居て欲しいと切に願っています。
Googleと同様に国家やマスコミは「嘘」はつきません…
しかし…誤解を招き私達をコントロールしようとします。
せんずれば人の精子…あ。いや。。えっと…「先んずれば人を制す」という格言があります♪
「何事も人より先に行えば、有利な立場に立つことができる」という中国の故事成語です。

成功者とは…確かなビジョンを持ち経営を行っています。

バブルが崩壊して…淘汰された人たちとは「明確なビジョン」がなく…「景気」という…運任せなビジネスをしていた人たちです。
ビジョンを持つ者にとっては…「困難は目標への通過点」に過ぎないのです。
何故なら…成功者とは不測の事態すら予測をしているからです。

貴方のビジネスはどちらですか?

明確なビジョンと目標達成の為の経営哲学をお持ちでしょうか?

さて…長々と語ってきたこのテーマもいよいよクライマックスです♪
アイルトンが皆様に何を申し上げたかったのかというと…

バブルとは…労せずビジネスが成功するので…創意工夫を怠ります。
貴方のビジネスが…今成功しているのは…成功へ導く過去の努力の賜物(たまもの)なのです。
好景気だから…安定している売り上げに驕(おご)ってはいけません。
やがて訪れる「バブルの崩壊」は予想しえる近未来なのです。
いま…何をするべきなのかを今一度考えましょう。

好景気に胡坐(あぐら)をかき…最善手を打てないぼんくらな経営者たちへ…

今まさに…成長を続ける「デジタル情報社会」だけが…成長の糸口です。

景気という「運」が貴方のビジネスを潤し…崩壊するバブルを忘却させます。
いまこそWeb市場に確かなタネをばらまき…「景気に胡坐をかいている」負け犬たちへ…大きな差をつけるチャンスなのです。

極貧経営で氷河期を過ごしていたアイルトンですが…未だに淘汰されていないのです。
それこそがこのブログの信ぴょう性ではないでしょうか?
2019年1月6日|カテゴリー「ブラックブログ

猪口才な猪武者でIQ時代を制覇できるのか!?

2019年賀状
新年あけましておめでとうございます。本年度はいのしし年です。「猪口才な猪武者でIQ時代を制覇できるのか!?」と題した弊社の今年度のメッセージは…
ちょこざい【猪口才】
《名ノナ》小才があって、なまいきなこと。「―なやつ」
いのしし‐むしゃ【猪武者】
1 向こうみずに敵中に突進する武士。 2 状況を考えないで、がむしゃらに事を行う人。

の二つの「イノシシ」を配し、19年をIQ(アイキュー)と見立てて…小さな才能(IQ)が高くても…その経験値に溺れ状況判断を誤らぬ様、気を引き締めてビジネスに邁進して欲しい…という意味合いを含めてみました。
2020年東京オリンピックで大きな経済が動くでしょう。
また2025年、大阪万博も決まり…経済が加速度的に動くことが予測されます。
いまこそ思い出さなければならないのが…1998年長野オリンピックの好景気でしょう。
1993年に崩壊したバブルは日本経済をどん底へと貶めました。しかしその景気が末端にまで浸透するには少々時間がかかりました。とりわけ長野県はオリンピック景気が長く続き、2000年に至っても「バブル崩壊」を実感する長野県民は少なかったと言われています。
現在低迷を続ける日本の景気は、好景気で乱れてしまった状況把握のミスである事は言うまでもありません。
あの異常な景気が継続する前提での設備投資や福利厚生。膨れ上がった泡など…景気が低迷すれば簡単にはじけ飛ぶと予測はできたはずです。
この好景気を迎える日本に…今こそ「猪口才」な状況判断で猪突猛進せぬよう気を引き締めていきましょう。

本年も益々の繁栄を願って
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
2018年11月9日|カテゴリー「SEOブログ

Googleショッピングとは?

掃除機検索結果
たとえば…「掃除機」で検索をした場合に検索結果の中に画像が並んでいるモノがあります。
このように商品情報を画像で見易くしてくれているのが「Googleショッピング」です。
この検索結果は…特定のサイトから引用されたモノではなく…検索件数の多いモノからランダムに表示されています。
個々にアイコンを開くと…Yahoo!ショッピングやAmazon…楽天など様々なサイトへと飛んでいきます。

Googleショッピングは広告ではない

Googleショッピングは広告ではありません。
純粋な検索順位を基に表示される…販売サイトであり…お金を出したからと言ってここに商品を掲載する事は出来ません。
あくまでユーザビリティを追求する一環です。
scroll-to-top