良いホームページの条件

どうしたら良いホームページを作れるのか?

良いホームページとは効果を出すホームページの事です。
では、効果を生み出すホームページを創るにはどうしたら良いのだろうか?
まずはホームページの役割をはっきりさせる事である。素人の作るホームページのほとんどは目的意識に乏しく何を伝達したいのかが解らない。
つまり存在だけのホームページになっているのだ。立場を逆にして考えて欲しい。貴方はホームページを隅々まで読むだろうか?
ホームページは制作者の目的と閲覧者の目的が一致しなければ機能しないのである。
つまり閲覧者が目的とする場所へスムーズに辿り着ける構成で無くては効果を生み出せない。
ホームページは迷路と一緒で道(コンテンツ)が多ければ迷ってしまう。目的が曖昧なホームページでは伝えたい事が分散してしまい閲覧者の意欲を駆り立てる事が出来ないのだ。
つまり良いホームページを作る初期段階は、

1.ホームページの目的・役割を明確にする事。

2.情報を整理(見せたい情報では無く閲覧者が欲しい情報を選別する)する事。

3.欲張りすぎ無い事。


などがあげられる。 目的・役割を明確にし、整理された情報はドレスアップをしていく。 アピールしたい内容文へ引き込むのは導入文(キャッチコピー)である。さらに、ボディコピーへの導入がスムーズであってもなかなか全ての文章をよんで貰えない。
できるだけ文章は短く、特にアピールしたい部分は強調を掛けたりする事で閲覧者にインパクトを与えたい。
良いホームページは顧客動向を踏まえ進化を遂げている事をご存じだろうか?
見て欲しい情報を羅列したページでは顧客心理をつかむ事は出来ない。ホームページとはあるまで受け身な存在である以上、顧客の欲しい情報を見極めて解り易く掲載する事が不可欠なのである。
私達ウエブコンサルタントの仕事はこうした【繁盛する】ウエブページの制作にも一役かっている。例えばアクセス解析によりページ別アクセス数を分析すれば、訪問者動向がつぶさに取って見える。
アクセスの多いページを伸ばすだけではなく、細かく言えばバナーによる誘導率の高いページを伸ばす内容にすればより消費動向に直結しやすい。
このように繁盛するホームページとは【作りっきり】のモノではなく、日々変化する閲覧者動向に対応する生きたページを言うのである。
トップ問い合わせバナー

お問合せバナー
scroll-to-top