ホームページが安い訳

yasuber1
よく「3万円」のホームページって!?ひな型に当てはめるだけの簡易なものじゃないの?だとか、領域だけ与えられて自分で作り込まなければいけないんじゃないの? や3万円は初期費用で月々の維持費用を徴収するんじゃないの?と言ったご質問を受けます。
当社の提供するホームページは一社一社、電話にてしっかりとヒアリングをしてお客様のご要望でお創りさせて頂いています。 では?なぜ3万円で出来るのか?
正直言って赤字です。
3万円に見合った人件費が確保できていません。 私たちのこの企画商品はホームページを持っていない事によって「機会損失」をしているお客様へホームページがある事によって どれほどの効果をもたらすか!それを体感して頂きたくご提供させて頂いています。
正直、3万円のホームページでは体裁は十分保てますが「SEO」対策や情報量が万全ではありません。しかし0では生み出せなかったものが1ならば生み出せる事を実感頂くには 十分だと考えています。
そしてホームページの必要性をご体感頂いた上で「予算」を作って頂きリピートして頂ける事を目的としています。 つまり「お試し版」と言った位置づけでリリースしている商品なのです。
kanban2

yasuber2

だからと言ってボランティアでホームページ制作を行っているわけではありません。リピート見込みを含め利益の確保はしっかりとしていますが、その為には涙ぐましい努力も不可欠です。
その最も大きなウエイトを占めているのが人件費です。当社の営業マンはこのホームページオンリーです。このホームぺーぞが生み出す利益は新規顧客だけ(リピートは含まず)月に30万円 を超えます。
つまりホームページは上手に育てれば優秀な営業マンになり得るのです。
当社でも過去に営業マンを雇っていましたが、給与だけでも最低20万円。 交通費や諸経費を支払うと
30万円はかかるでしょう。 当社のホームページはこれほどの費用対効果をもたらしすべてはい客様に還元されているのです。

バナー
当社がまだ名古屋に事務所を構えて時の事。DTP事業を縮小してWEB事業の拡大を目指し事務所を大阪にも開設しました。当時支払っていた家賃・光熱費が約 25万円事業の転換期にあってこの経費は非常に無駄と感じて大阪オフィスに統合をしたのですが この際に徹底した固定費の削減を目指し「事務所兼オフィス」を探しました。こうする事により経費削減だけではなく、通勤費やそれにかかる時間、お客様へのフリータイムでの対応など 様々なメリットが生まれました。 こういう時代だからこそ「顧客サービス」の向上と「低価格」の実現は必要不可欠な条件となっています。

バナー
名古屋は電車が不便で車社会でした。しかし大阪オフィスに統合してみるとこの車は実に金食い虫なのです。車のリース代金5万円を始め駐車場代・ガソリン代など営業車を維持するのにかかる費用は 実に10万円を超えてしまいます。当社ではこの無駄の削減にも取り組みを致しました。
WEB事業への転換を図る中、受注される仕事は全国へ展開しました。しかしながらインターネット上だけの取引を好まれないお客様もたくさんお見えになる様で当社のz受注の60%が 大阪からのモノでした。当社のモットーは「一期一会」の精神でインターネット全盛の希薄な時代にあってもお客様との「出会い」を大切にしたいという思いから 30キロ圏内はたとえどんなんに安い仕事であっても、非効率であっても直接お会いさせて頂いています。
その際に役にたつのが「スクーター」です。維持費もさることながらどんな交通手段よりも安く、そして早いという利便性は今や欠かせないモノとなっています。

バナー
さて、WEB事業は100%技術職で仕入れは全くないと思われているようですが、パソコンをはじめコピー機やプリンター周辺機器・ソフトやフォントに至るまで実は環境を整えるのに意外と大きな仕入れがあります。
当社などはDTP出身なので画像などの素材集だけでも100万円近い投資をしています。OA機器に絞ってみてもリースをすれば月に
5万円はかかります。こうした経費も時代背景を考えれば従来通り、リース会社とパートナーシップを結び お客様へ負担をかけるのはもったいないと考えました。現代ではインターネット上で「価格.com」や「楽天」など市場価格と比べモノにならないくらい安くこれらの製品が仕入れられます。
こうした細かい経費も削減する事でお客様へ「安モノ」ではなく「安い!」製品がお届けできるのです。

売切り!のビジネスでは無いからこそサービスもプライスも妥協を許しません。

先にも述べたように当社の優秀なホームページは月に30万円の新規売り上げを上げます。これは徹底したコストダウンにより高品質・低価格を実現している背景もございますが、 もしこれらに上記経費が上乗せされた場合を仮定すると
新規売り上げ30万円+人件費30万円+家賃経費25万円+営業車経費10万円+リース経費5万円=100万円
つまり3万円ホームページに70万円の固定費を上乗せするとこの企画商品の販売価格はなんと!
10万円 同業他社がどの様な企業努力をされているのかは解りませんが当社以上の企業努力はなかなか無いのでは?と自負しております。
「安モノ」を安く売るのは当たり前です。当社のこの企画商品のクオリティとサービスを熟慮頂き是非、一番最後に私どもにコンタクトください。必ずご納得いただけると信じています。
bnner01201

お問合せバナー
scroll-to-top